ガラケーからスマホへ~モバイルサイトの移り変わり~

ガラケーのサイトがもたらした変化について

様々なジャンルの情報収集が可能でした

音楽はガラケーで聞くのが当たり前になったのが、2002年に入ってからだと言われています。 ガラケーから直接聞けるという手軽さが中でも、若い世代での人気を獲得しました。 音楽市場も急激に伸びました。 幅広い年代を獲得する為に、様々な音楽モバイルサイトがこの時期に沢山出始めました。

音楽配信はモバイルサイトが主流になりました

ガラケーのモバイルサイトでは、色んなジャンルに分かれていました。
内容も、年代問わず様々なものがありました。
画面は小さく広い範囲で見る事は出来ませんでしたが、多く普及し始めた2005年には、ガラケーを通じて最新情報を取得するのが当たり前になっていました。

知りたい情報がテレビではなくガラケーでどこにいても確認出来るようになり、流行の発信もモバイルサイトで配信されるようになりました。
特に人気が高かったのは、通勤や通学途中の移動時間などの短時間で読めるニュースや色んなコラムでした。

次に、交通情報で全ての交通手段の最適なルートを一覧で確認出来るので、到着時間に間に合うようにこのモバイルサイトを見ている人も多かったです。
詳細な情報を取得出来る事もあり、CMでも有名でしたので多くの支持を得ました。

それから多くの若い女性から人気があったのが占いや相性診断が出来るものです。
撮影した写真や個人情報を入力して、気になる相手との相性を占ったりする恋愛占いが人気でした。

学習や辞書のモバイルサイトもあり、新たな知識を学べる場として多くのビジネスマンからの利用がありました。
それから、多くの掲示板もあり、その中では様々な事について沢山の人と会話が出来るようになっていましたが、中傷もあったりして社会的な問題になりました。

昔から人々の多くは電話やメールをする為だけに、ガラケーを持つのではなくコミュニケーションアイテムの一つとして持つ事が多かったような気がします。

おすすめリンク

女性でも楽しめる内容が多かったです

移動中の時間つぶしにもゲームで遊ぶ人が多くなりました。 ガラケーのゲームは、とてもシンプルな内容のゲームが多かったです。 ですが、ジャンル別に分かれていたので、人それぞれ楽しむゲームが分かれていました。 中でも女性でも楽しめる育成のゲームがとても充実していました。

恋愛小説が一番人気がありました

プロの作家ではなく素人が書いた小説をガラケーのモバイルサイトで読めるようになりました。 特に、当時の学生の間で爆発的な人気になり、映画化されるようになり、それまで小説を読む機会がなかった年代の人も巻き込んでの一大ブームになりました。 中でも恋愛小説が人気で半数が女性の利用者でした。